RECRUIT 採用情報

「社会を変える」を
夢で終えるか、
現実にするか。

代表メッセージ

「誰かにやらされる」のではなく、
「やりたい!」をみんなで
応援する組織へ。

社員インタビュー

外松 史郎

2018年入社

松浦 秀俊

2012年入社

森田 沙耶

2014年入社

菅野 智佐

2018年入社

馬場 沙和子

2015年入社
LIVA in numbers - 数字で見るリヴァ

募集要項

            
【東京エリア】復職・再就職支援コーディネーター(リーダー候補)

【東京エリア】復職・再就職支援コーディネーター(リーダー候補)

うつ病等精神疾患の方の社会復帰を支援!社会貢献性の高い仕事です!

リヴァトレの支援員およびリーダー候補として、新たなメンバーを募集します。

            

 

外松 史郎

外松 史郎

リヴァトレ事業部 リヴァトレ品川 センター長 2018年4月入社

Q1.現在の仕事内容・チャレンジ内容

以前はIT業界でインフラエンジニアとして、また前職の人材会社ではプロジェクトマネジメントや人事として採用や社員の労務管理に携わってきました。2018年4月に入社。入社後はリヴァトレ品川センター長、リヴァトレ関東地区事業責任者を経て、2021年より法人事業部事業責任者としてリヴァBiz丸の内の運営を担っています。

リヴァBiz丸の内は、BtoBリワークとして休職中の方を対象に、皆さんが自分らしい働き方・生き方を見つけ、一歩踏み出すことができるような支援を行うと共に、一緒に働くスタッフが楽しく働くことができるような組織づくりを行っています。

サービス開始から3年超が経過し、三菱ケミカル株式会社及びそのグループ会社の社員の皆さまを対象にご利用頂いておりますが、今後更なる発展へ向けて、より多くの方にサービス提供できる仕組みを作るべく、新サービス開発に着手しています。

外松 史郎

Q2.自分の人生で大切にしていること

昔は“誰と働くかよりも何をするかが重要”だと思っていましたが、今は“誰と、何をするかが重要”と思うように考えが変化してきました。何かやろう、と思っても結局仕事はひとりではできないですし、一緒に働くのであれば誰と一緒に働くかはとても重要なファクターだと思います。また、その一緒に働く人とどういう働き方をしたいかと言えば❝楽しく働きたい❞と考えています。仕事が猛烈に大変だったとしても、同じ想いを持ち、同じベクトルで取り組めるチームであれば、それをやり遂げた時には充実感があり、楽しさに繋がると考えています。もっとシンプルに言えば、1日1回は笑っていられるような仲間と仕事をしたい、それが自分の人生を豊かにしてくれると思っています。

外松 史郎

Q3.今後やりたいこと

私自身も過去に心身の不調を感じた経験があり、初めて責任のある役職に就いた時や、残業が130時間を超えるようなプロジェクトで長期間働き、不調が原因でプロジェクトを離脱したことがありました。幸い私は休職に至る手前で上司へ相談するなど対処ができましたが、周りにはなかなか思うように自分の考えを伝えられなかったり、周囲に止められるまで自分の不調に気づかず、休職や退職に至る方も多く見てきました。せっかく活かせる知識やスキル、経験があっても不調になってしまっては満足に働くことはできません。自分の調子の良し悪しは、他人からの意見や見え方ではなく、最終的には自分しか分からないと思っています。自身を客観視し、体調のセルフチェックや、時には立ち止まることで、長く健康的に働き続けられるような人が増えて欲しいと願っていますし、そんな人が増えるような関わりができたらと思っています。

松浦 秀俊

松浦 秀俊

リヴァトレ品川/サービス管理責任者 2012年2月入社

Q1.現在の仕事内容・チャレンジ内容

双極事業部という部署で「双極性障害と働く」に関する様々なサービスの開発、運営をしています。

具体的には、双極性障害で働くヒントが見つかるメディア「双極はたらくラボ」のコンテンツの企画、制作、編集。双極性障害と働くに関する当事者同士のトーク会の運営。働いてる双極性障害の方の支援「双極パーソナル」での専属トレーナー担当などです。

事業部以外の仕事としては、リヴァトレで提供する双極性障害プログラムの担当や、会社全体のWebマーケティングに関わる業務も担当しています。 チャレンジしている業務として、2022年3月に立ち上げたばかりの双極事業部の取り組みを事業として成り立たせるべく、日々努めています。

松浦 秀俊

Q2.自分の人生で大切にしていること

「どうせ働くなら楽しいものを」「いいものをは広めたい」働くうえで長年キーワードとしてもっているものです。一日24時間のうち3分の1を占める働くこと。この時間が楽しくないと人生楽しくないんじゃないかという考えがあり、職場を選ぶときは条件よりも、業務に関心があるか、自分の好きな人と一緒に働けるかを大事にしてきました。

また、いいものは広めたいという想いがあり、それが過去の業務である広報担当や、現在のメディア運営という形で仕事にも反映されています。これはプライベートでも同様で、「あの人にはこれがいいんじゃないか」とアンテナを常に張っていて、ピンとくるものがあれば情報提供をしています。

結婚してからは家族が仕事と並ぶ、2大大切なものになりました。家庭があることで仕事とのバランスがとれ、より働くことが楽しくなってきたこの頃です。

松浦 秀俊

Q3.今後やりたいこと

3年前に採用ページのインタビューを受けた時には「双極性障害の方に特化したサービスを開発したい」と回答しており、それは今、双極事業部という形で実現できました。

次は、双極事業部のビジョン「働きたいと望む双極性障害の人が自分らしく働ける社会の実現」がやりたいこと。 現在は当事者の方への情報やサービスの提供が主ですが、当事者の家族や所属する企業へと対象を広げ、ビジョン達成に向けて歩みを進めたいです。

森田 沙耶

森田 沙耶

リヴァトレ市ヶ谷 奈良県下北山村プロジェクトリーダー 2014年4月入社

Q1.現在の仕事内容・チャレンジ内容

奈良県の山奥にある「下北山村」という土地に移住して転地療養サービス「ムラカラ」を立ち上げ、利用者している方のチャレンジのサポートをしながら、村での生活を満喫しています。リヴァのビジョンの中にある「自分らしく生きる」を実現するためには、自分の人生に対して納得感を持てていることが大切だと私は思います。そして、納得感を持つためには、今まで自分が当たり前だと思っていた「常識」の外を見てみることも有効だと考えています。その観点から、下北山村という土地で今までの日常とは異なる「常識」に触れ、その後の人生の可能性を広げるヒントを見つけたり、その方にとっての大切にしたいことを日常との比較を通じて浮き彫りにする機会を作っています。

森田 沙耶

Q2.自分の人生で大切にしていること

「率直でいること」を大切にしています。
自分に対しても他人に対しても、飾らず、驕らず、正直でいることが、心身を健康的な状態に保つために一番必要なことだと感じています。入社当初は(新卒という立場も手伝ってか)「正解」を探して周囲の顔色ばかり気にして動いていました。しかし、そんな私に対して周囲のスタッフは「あなたはどう考えるの?どうしたいの?」と常に問いかけ続けてくださり、自分でも自分に問いかけ続け、今では自分に焦点を当てられるようになってきた気がします。自分の「やってみたい」という気持ちに従って動いたことが形になってくると、少しずつ自信につながりましたし、何より自分の中に矛盾が生じないので「楽だなあ」という感覚です。

森田 沙耶

Q3.今後やりたいこと

現時点では明確な目標・ビジョンはありませんが、今の幸せな状態を続けられたらいいなと思っています。自分にとっての、幸せな状態とは。心身が健康であること、想いを共にする素敵な仲間と働けていること、チャレンジし続けていること、自然(特に緑と川)の中に身を置けていること、などが要素になりそうです。私がそのような状態で働けると思えるフィールドは、リヴァであり、奈良県下北山村のコミュニティだなと感じています。そのフィールドで、自分が「やりたい」と思えることに素敵な仲間と挑戦し続けられたら幸せだなあと。自分の「やりたい」にチャレンジし続けた結果、誰かの幸せにつながったら本望です。

菅野 智佐

菅野 智佐

ラシクラ事業部 ディレクター 2018年入社

Q1.現在の仕事内容・チャレンジ内容

入社3年目からラシクラ事業部の責任者を務めています。同時に、新卒採用チームのリーダーや、マーケティング室の動画施策担当を兼任しながら、働く20代向けの新サービス「あそびの大学」を立ち上げました。ビジョンの実現を目指すためには、既存の枠に囚われずにチャレンジし続ける必要があると考えているので、「誰も手を挙げないなら、自分がやろう」と挑戦を続けてきた結果、幅広い業務を担う形に。裁量がある分、責任も重く感じますが、結果が出た時の喜びややりがいもひとしおです。当事者意識を持って仕事をすることで、短期間でより広く、深い経験を積むことができ、その全てが事業を立ち上げる際の役に立っているなと思います。

菅野 智佐

Q2.自分の人生で大切にしていること

1つ目は、「自分軸を持ちつつ、時には流されること」です。立てた目標に縛られたり、自分の考えに固執したりしていると、行き詰まりを感じ、苦しくなってしまう。だからこそ、目指す方向性や譲れない価値観は大切にしつつ、時には流れに身を委ねることも良しと考えています。刻一刻と変わる社会情勢や日々の出会いを柔軟に受け入れ、自分のやりたいことを実現していきたいです。

2つ目は、「違和感を大切にすること」。違和感は、自分の本音が顔を出す大きなチャンスだと考えているので、とことん向き合います。また、「他の人はできるのに、自分はできない」、「人と同じようにしたくない」といった、他者と自分の間に抱くモヤモヤこそが自分の強みや自分らしさに気づくきっかけだと思い、大切にしています。

菅野 智佐

Q3.今後やりたいこと

2022年6月からサービスを開始した「あそびの大学」を事業化することです。メンタル不調者以外をターゲットにするという、リヴァとして初めての試みなのですが、疾患の有無に関わらないサービスを立ち上げることが入社前からの目標の一つでした。あそびの大学を通じて、「働き方」だけではなく、「休み方」にも目を向ける機会を創ることが、誰もが自分らしく生きられる社会の実現に繋がると考えています。一人でも多くの「余暇をもっと自分らしく、楽しく過ごしたい」という20代社会人の力になれるよう、まずは一人ひとりとしっかり向き合いながら、サービスの質を上げるための努力を重ねていきたいです。

中川 洋

中川 洋

リヴァトレ事業部/リヴァトレ高田馬場センター長 2014年入社

Q1.現在の仕事内容・チャレンジ内容

現在の仕事内容はリヴァトレ高田馬場でセンター長として、利用者の支援・センターの運営管理・地域や関係機関とのネットワーキング・スタッフのマネジメント等を行っています。その他、チャレンジしていることとして自センターだけではなく他のセンターを含めたリヴァトレ事業部全体の戦略立案に携わっています。また、業務以外の取り組みにはなりますが、「社内勉強会」を2019年2月に有志メンバーと一緒に立ち上げました。それから現在まで毎月1回開催しています。このような周りを巻き込んだ活動も私としては大きなチャレンジです。

中川 洋

Q2.自分の人生で大切にしていること

仕事、と答えたいところですが(笑)、まずは家族の存在ですね。いまの私が在るのも家族のおかげだと心から思っています。そして一緒にリヴァで働く同僚の存在も私にとって大きな存在です。公私共に私の人生に出会いやきっかけ、良い影響を与えてくれた方がリヴァの同僚には沢山いて、とても感謝しています。基本的に私は休日は人とあまり会わないのですが(笑)、たまに会うのは大体リヴァの同僚だったりします。最後に、仕事において大切にしていることは、関わる方の様々な「生きづらさ」に対してわずかでも「生きやすさ」のきっかけや手がかりを共に見出せたらという願いです。また、私自身も一人の人間として同じく「生きる」ことに向き合い、成長していきたいと考えています。

中川 洋

Q3.今後やりたいこと

リヴァのビジョンである「自分らしく生きるためのインフラをつくる」の実現に向けて、まずはリヴァの色んな社員とそれぞれが描くインフラの形を「語り合う」ことからはじめたいですね。実は社内勉強会も将来研究や発表をしたいという社員との語り合いをきっかけにスタートしました。ゆくゆく社内勉強会は業務外ではなく業務内で教育や相互研鑽の機会として定着させることを目標に取り組んでいます。そして「学ぶ」ことと「実践」は両輪であるという社風をつくっていけたら嬉しいです。もちろん、そのためには安定したセンター運営と業務の余白を生み出す必要があるので、リヴァトレ事業部としてどうすればより効率的に、かつより効果的にサービスを提供していけるのかを考えていきたいです。私一人のできることは限られているので、そんなことを一緒に語り合い、実現できる「チームづくり」「組織づくり」が今後のわたしのやりたいことです。

馬場 沙和子

馬場 沙和子

リヴァトレ御茶ノ水 支援員 2015年入社

Q1.現在の仕事内容・チャレンジ内容

リヴァトレ高田馬場センターでセンター長として勤務しています。管理職という立場が初めてのことなので、不慣れな部分もありつつ、同僚にも助けてもらいながら業務にあたっています。また、現在はまだ子どもが小さいため、時短勤務をさせていただいています。時短勤務の私が管理職というのは、私自身だけではなく、会社としてもチャレンジングなことだったと思います。管理職に挑戦してみたいという私の思いを応援してくれた会社にはとても感謝していますし、受け入れて助けてくれているセンターの同僚スタッフにも感謝感謝です。

馬場 沙和子

Q2.自分の人生で大切にしていること

1つ目は「謙虚さ」です。私は大学で臨床心理学を学びましたが、「援助者は謙虚さを失ったら終わり。」と学生の頃に言われたのがとても印象に残っています。私もその通りだなと思っているので、この言葉は忘れないように目に入るところに貼っています。

2つ目は「とりあえず健康なら臨床はできる。」という言葉です。これも大学生の頃に先生に言われた言葉です。シンプルだけどガツンときたので印象に残っています。自分が身体的にも、精神的にも健康でいることは、仕事でもプライベートでもとても大切なことだと思っています。

馬場 沙和子

Q3.今後やりたいこと

最初にセンター長になりたいと思ったきっかけが、とある同僚から「いつかセンターを立ち上げたいから、そのときは馬場さんがセンター長になってくれませんか?」と言われたことでした。子育てしながら時短勤務のセンター長になる、という目標を実現することができたので、今度はそのメンバーと一緒に何か新しいことができたらと思っています。新規センターの立ち上げかもしれないですし、もしかしたら新規事業になるかもしれません。まずはもう少しセンター長としての経験を積んで、新しいことにどんどんチャレンジしていきたいと思っています。