利用者の声

このページでは、リヴァトレを退所された方のアンケートを基に、
「利用を検討中の方へのメッセージ」や「利用して得たもの、利用前後で変わったこと」を記載しています。

最も大切なことは抱え込まないこと

H.Gさん
H.Gさん
疾病は一人で向き合うと辛いことが多いと思います。私が思う最も大切なことは抱え込まないことです。リヴァトレは居場所ではなく、各自が目標に向かって取り組む場所ですが、課題とする目標が似ている方がいるかもしれません。

人が怖くなくなりました

A.Cさん
A.Cさん
(利用して得たもの、利用前後で変わったこと)内面について話し合う機会が多かったためか、人が怖くなくなりました。

自分に厳しくも甘くもいられる場所

H.Fさん
H.Fさん
リヴァトレは自分に厳しくも甘くもいられる場所です。仲間とプログラムの回を重ね、交流を経て、ようやく自分自身の次の大きな一歩を踏み出せるステージです。

色々な対処法などを身に着けることが出来る場所

M.Eさん
M.Eさん
リヴァトレは生活習慣を立て直しつつ、仕事をしていく中での色々な対処法などを身に着けることが出来る場所だと思います。

心が病気発症前と比べてだいぶ穏やかになった

M.Uさん
M.Uさん
人との繋がりの関わり方、接し方を改めて理解をしながら学べた。 心が病気発症前と比べてだいぶ穏やかになったと感じる。

調子を崩す前から疾病対策ができることを学び、自分で調子を持ち直すこともできるように

A.Mさん
A.Mさん
以前は自分で対策することもなく体調が崩れたらどんどん悪くなる一方でしたが、リヴァトレを利用して、調子を崩す前から疾病対策ができることを学び、薬に頼らず自分で調子を持ち直すこともできるようになりました。

自分の気持ちに気付き、発言や行動に活かせるようになってきた

K.Iさん
K.Iさん
リヴァトレ通所前は、社会復帰や人と関わる仕事はもうできないだろうと感じていたが、自分は人が好きだな、ずっと関わり続ける仕事が良いなと思う心が戻ってきたこと。素の自分でいる時間が人前でも持てること。自分の気持ちに気付き、発言や行動に活かせるようになってきたこと。

自分がどうありたいかの方が重要だとわかった

E.Fさん
E.Fさん
人からどう思われるかよりも、自分がどうありたいかの方が重要だとわかった。“人は一人では生きていけない。支え合って生きている。”ということが実感できた。

「より生きやすい」生き方をみつける

C.Fさん
C.Fさん
疾病には必ず注意サインがあるから、それに敏感に気づいて対処する。その対処方法を見つけておく。今までの自分の考え方に違う考え方を足して、「より生きやすい」生き方をみつける。自分も相手も大事にした交渉を目指す。

同じ様な不安を抱えている方がたくさんいる

M.Sさん
M.Sさん
気づいてなかった自分の価値観などが分かってよかった。同じ様な不安を抱えている方がたくさんいるので一人でではなく多くの方と一緒に解決したほうがよいと思います。

よくあるご質問

全てのプログラムを受講しないといけないのでしょうか?

  • プログラムについて
必ず全てのプログラムを受講しないといけないわけではありません。リヴァトレでは、ご自身の目標や課題に合わせてプログラムを受講いただけます。

予約はどのようにとりますか?

  • プログラムについて
プログラム受講のご予約は、リヴァトレにて貸出しているパソコンから弊社のシステムを用いて行います。
システムの使用方法については、スタッフがフォローいたしますので、ご安心ください。
また正式利用前の体験期間中はメールや電話でのご予約も受け付けております。

欠席する際はどうしたらいいですか?

  • プログラムについて
欠席される際は、体調の確認と今後の通所状況を確認させていただくため、お電話でご連絡をお願いしています。
体調面から、電話連絡が難しい場合もあると思いますので、その場合は各センターへメールでのご連絡をお願いしています。

プログラムは何から受けていけばいいですか?

  • プログラムについて
ご自身の状態や、希望に合わせてスタッフと相談しながら、取り組みを設定します。 例えば、生活リズムが崩れている方は、まずは生活リズムを整えるためのプログラムや、運動系のプログラムに重点を置いて受講し、体調が整ってきてから心理系のプログラムや、ビジネス系のプログラムに取り組みます。

通所日はどのように決めるのでしょうか?

  • プログラムについて
リヴァトレではプログラムを曜日で固定していないため、ご希望に合わせて通所日や頻度を調整できます。通院の予定もあると思いますので、スタッフと相談しながら柔軟に一緒に検討できればと思います。

お問い合わせ
見学・体験申し込み

各センターへの見学・体験申し込みや、
リヴァトレに関してのお問合せもお待ちしております。
まずはお気軽にご相談ください。

リヴァについて

一人でも多くの人の「自分らしい生き方」をともに探し、
「何度でもチャレンジできる仕組み」を提供していく。
それが私たちリヴァの仕事です。

お問い合わせはこちら

まずは気軽に相談する 見学・体験申込 お電話でのお問い合わせ

【1】会社に所属されている方

【2】会社に所属されていない方