利用者の声

このページでは、リヴァトレを退所された方のアンケートを基に、
「利用を検討中の方へのメッセージ」や「利用して得たもの、利用前後で変わったこと」を記載しています。

通所は短い時間で終えられると良い

N.Aさん
N.Aさん
安心安全な場所なので居心地がいいとは思いますが、できれば長期通所するのではなく、通所は短い時間で終えられると良いと思います。

愚直に取り組むことをお勧めします

Y.Oさん
Y.Oさん
プログラム実施とともに振り返りやシェアをリヴァトレでは常に行います。これが新しい自分の気づきを生むきっかけとなるので、愚直に取り組むことをお勧めします。

自分の体調の細かい変化に気づくようになった

A.Tさん
A.Tさん
(利用して得たもの、利用前後で変わったこと)自分の体調の細かい変化に気づくようになった体調が悪化する前に対処できるようになった

様々なアプローチで復職への道を作ってもらえます

A.Iさん
A.Iさん
色々な症状を持っている方々に、様々なアプローチで復職への道を作ってもらえます。自身を失ってしまった方もスタッフの方々が丁寧に接してくれますので安心です。

中立的に、淡々と生きるということを体感的に習得できた

C.Hさん
C.Hさん
利用前後での変化:中立的に、淡々と生きるということを体感的に習得できた。たくさんの人と関わりプログラムを受けて、心の筋肉がついた。

これまでの比ではなく、本当に安定して生活ができています

Y.Iさん
Y.Iさん
相談しにくい、理解しにくい自分の状況を理解してくれる人とのつながりを得ました。心の安寧は、これまでの比ではなく、本当に安定して生活ができています。

能力の高い方が多いのでいい刺激を受けることが出来る

M.Kさん
M.Kさん
リヴァトレはプログラム内容がかなり高度で精神的な負荷も高いです。ある程度病状の落ち着いた状態から利用を開始することをお勧めします。利用者の方々は能力の高い方が多いのでいい刺激を受けることが出来るかと思います。

調子を崩したと時への対処を予め検討しておく

K.Iさん
K.Iさん
調子を崩した時への対処を予め検討しておくこと。人間関係は些細なことで破綻してしまう。発言する時は目の前の人だけでなく、周囲にも十分気を付けること。

自己肯定感を上げて自分を大切にする生き方をみつけましょう

J.Iさん
J.Iさん
失敗しても良い環境で、できる範囲の目標達成を繰り返して自信をつけていきましょう。そして自己肯定感を上げて自分を大切にする生き方をみつけましょう。

より傷病への理解が深まりました

N.Iさん
N.Iさん
実際に同じ傷病を持っている人と話すことで、より傷病への理解が深まりました。

よくあるご質問

全てのプログラムを受講しないといけないのでしょうか?

  • プログラムについて
必ず全てのプログラムを受講しないといけないわけではありません。リヴァトレでは、ご自身の目標や課題に合わせてプログラムを受講いただけます。

予約はどのようにとりますか?

  • プログラムについて
プログラム受講のご予約は、リヴァトレにて貸出しているパソコンから弊社のシステムを用いて行います。
システムの使用方法については、スタッフがフォローいたしますので、ご安心ください。
また正式利用前の体験期間中はメールや電話でのご予約も受け付けております。

欠席する際はどうしたらいいですか?

  • プログラムについて
欠席される際は、体調の確認と今後の通所状況を確認させていただくため、お電話でご連絡をお願いしています。
体調面から、電話連絡が難しい場合もあると思いますので、その場合は各センターへメールでのご連絡をお願いしています。

プログラムは何から受けていけばいいですか?

  • プログラムについて
ご自身の状態や、希望に合わせてスタッフと相談しながら、取り組みを設定します。 例えば、生活リズムが崩れている方は、まずは生活リズムを整えるためのプログラムや、運動系のプログラムに重点を置いて受講し、体調が整ってきてから心理系のプログラムや、ビジネス系のプログラムに取り組みます。

通所日はどのように決めるのでしょうか?

  • プログラムについて
リヴァトレではプログラムを曜日で固定していないため、ご希望に合わせて通所日や頻度を調整できます。通院の予定もあると思いますので、スタッフと相談しながら柔軟に一緒に検討できればと思います。

お問い合わせ
見学・体験申し込み

各センターへの見学・体験申し込みや、
リヴァトレに関してのお問合せもお待ちしております。
まずはお気軽にご相談ください。

リヴァについて

一人でも多くの人の「自分らしい生き方」をともに探し、
「何度でもチャレンジできる仕組み」を提供していく。
それが私たちリヴァの仕事です。

お問い合わせはこちら

まずは気軽に相談する 見学・体験申込 お電話でのお問い合わせ

【1】会社に所属されている方

【2】会社に所属されていない方