利用者の声

このページでは、リヴァトレを退所された方のアンケートを基に、
「利用を検討中の方へのメッセージ」や「利用して得たもの、利用前後で変わったこと」を記載しています。

能力の高い方が多いのでいい刺激を受けることが出来る

M.Kさん
M.Kさん
リヴァトレはプログラム内容がかなり高度で精神的な負荷も高いです。ある程度病状の落ち着いた状態から利用を開始することをお勧めします。利用者の方々は能力の高い方が多いのでいい刺激を受けることが出来るかと思います。

同じ悩みを持つ方々と話せる安心感や共感

T.Mさん
T.Mさん
疾病理解(双極):うつ病と似て非なるもので、対処は全く異なるものだと改めて理解できました。マイノリティな病で、対処方法の情報が少ないだけに座談会での生の声は非常に参考になるとともに、同じ悩みを持つ方々と話せる安心感や共感も得ることができました。

自分を見つめなおすチャンスととらえては

K.Aさん
K.Aさん
休職を、自分を見つめなおすチャンスととらえてはいかがでしょうか。リヴァトレで印象的だったのは、そのまま復帰するのはもったいない、という言葉。せっかくなら、自分にストレスや難しい場面に対処できる力をつけさせてから、復職にのぞむと良いと思います。

必ず自分のためになります

M.Sさん
M.Sさん
自分に自信がない方、気力がない方、必ず自分のためになります。スタッフさんや利用者さんが温かくだんだん前向きになれます。

自分のことを許せないから、他者も許せないのだと言葉にできたのが私の財産に

J.Oさん
J.Oさん
自己理解他者理解。自己肯定他者肯定。自分のことを許せないから、他者も許せないのだと言葉にできたのが私の財産になっています。これでいいのだ。

深く内省できた時間はとても貴重

S.Oさん
S.Oさん
仕事のスキルや専門知識等はMBA等で学べるけれど、心理面など仕事、私生活を支える心身のベースづくりは、大学の一般教養も含め学ぶ機会がなかなかない。自宅療養期を終えて半年ほど、認知行動療法等心理療法のインプットと、リヴァトレの人間関係の中での実践を通じて、病気の受容、ライフスタイルを替えること含めて深く内省できた時間はとても貴重でした。

とりあえず外へ出るきっかけとして

W.Cさん
W.Cさん
(利用して得たもの、利用前後で変わったことは)病気に対する理解度、コーピングの考え方、自分の考えに対する多角的な見方・考え方。とりあえず外へ出るきっかけとしてはじめてみるのがよいと思います。

何が不安なのかを見つけるきっかけが出来るのでは

T.Rさん
T.Rさん
何かに不安感(何が不安かわからない)を持っている方は、リヴァトレのプログラムに参加することで、何が不安なのかを見つけるきっかけが出来るのではないかと思います。何が不安か分かると、気持ちが楽になり不安感も軽減できるのではないでしょうか。不安への対処方法もスタッフの方と考えられると思います。

前向きに社会復帰することが出来ました

Y.Kさん
Y.Kさん
リヴァトレに通う前はもう二度と社会復帰出来ないのではないかと思う位に落ち込んでいましたが、リヴァトレに通いスモールステップを踏むことで前向きに社会復帰することが出来ました。

リヴァトレの良さは気分障害に特化していること

H.Nさん
H.Nさん
リヴァトレの良さは気分障害に特化していることだと思います。気分障害以外の障害者が入る就労移行(生活訓練)であると、自分も多数見学しましたが、異なる障害を持つためにプログラムなどの対象者が絞り切れない点があると思います。その意味では、気分障害で悩んでいる方にお勧めです。

よくあるご質問

全てのプログラムを受講しないといけないのでしょうか?

  • プログラムについて
必ず全てのプログラムを受講しないといけないわけではありません。リヴァトレでは、ご自身の目標や課題に合わせてプログラムを受講いただけます。

予約はどのようにとりますか?

  • プログラムについて
プログラム受講のご予約は、リヴァトレにて貸出しているパソコンから弊社のシステムを用いて行います。
システムの使用方法については、スタッフがフォローいたしますので、ご安心ください。
また正式利用前の体験期間中はメールや電話でのご予約も受け付けております。

欠席する際はどうしたらいいですか?

  • プログラムについて
欠席される際は、体調の確認と今後の通所状況を確認させていただくため、お電話でご連絡をお願いしています。
体調面から、電話連絡が難しい場合もあると思いますので、その場合は各センターへメールでのご連絡をお願いしています。

プログラムは何から受けていけばいいですか?

  • プログラムについて
ご自身の状態や、希望に合わせてスタッフと相談しながら、取り組みを設定します。 例えば、生活リズムが崩れている方は、まずは生活リズムを整えるためのプログラムや、運動系のプログラムに重点を置いて受講し、体調が整ってきてから心理系のプログラムや、ビジネス系のプログラムに取り組みます。

通所日はどのように決めるのでしょうか?

  • プログラムについて
リヴァトレではプログラムを曜日で固定していないため、ご希望に合わせて通所日や頻度を調整できます。通院の予定もあると思いますので、スタッフと相談しながら柔軟に一緒に検討できればと思います。

お問い合わせ
見学・体験申し込み

各センターへの見学・体験申し込みや、
リヴァトレに関してのお問合せもお待ちしております。
まずはお気軽にご相談ください。

リヴァについて

一人でも多くの人の「自分らしい生き方」をともに探し、
「何度でもチャレンジできる仕組み」を提供していく。
それが私たちリヴァの仕事です。

お問い合わせはこちら

まずは気軽に相談する 見学・体験申込 お電話でのお問い合わせ

【1】会社に所属されている方

【2】会社に所属されていない方