元利用者が描く体験マンガ『リヴァトレ利用記』~利用前からその後~

2,156 views

こんにちは。リヴァトレ御茶ノ水の福井です。

この記事では、リヴァトレOGの楠木誠さん(ペンネーム)が描いてくださったマンガ「リヴァトレ利用記」をご紹介します。

楠木さんはご自身の回復や職場への復帰に至る過程の振り返りを兼ねて描かれたそうですが、私たちは「この作品をリヴァトレに興味をお持ちの方にも読んでいただけたら、センターの様子やプログラムについてよりイメージがしやすくなるのでは」と考えました。そこでご本人に相談したところ、快諾していただけたため、ご紹介することになりました。

 

(ペンネーム)楠木 誠

会社員/漫画家・イラストレーター

渡航国約40か国の旅人。20代にして3度のうつ経験者(閉鎖病棟の入院歴あり)。リヴァトレの利用を通じて、自身の経験やスキルを「自分をいかして生きる」ために使うことを決意し、活動開始。ペンネームは「自分の活動により、多くの人が休んだり集まったりする木陰のように、周囲の雑音を遠ざけ、自身の体や心に耳を傾けられるキッカケを提供できたらいいな」という願いに由来する。

 

リヴァ利用記01

リヴァ利用記02

リヴァ利用記03

リヴァ利用記04

リヴァ利用記05

リヴァ利用記06

 

ご本人によるコメント(楠木 誠さん)

私は201912月末にリヴァトレへ体験に伺い、201月から5月末まで利用しました。6月より元の職場に復職し、現在(21年1月)も元気に働き、充実した生活を送っています。

このマンガは卒業を控えた時期に「リヴァトレでの体験を総括したい」と思い、個人的に描きました。なぜなら、リヴァトレを利用する過程で自分が大きく変わったことを実感していたからです。

いまリヴァトレを利用するか悩んでいる方、利用しながら先が見えずに不安な日々を送っている方、卒業後に再び心に暗雲が立ち込めてしまった方そんな皆さんにこのマンガが届き、ご自分を信じて進むためのキッカケにしていただけたら、これ以上の喜びはありません。  

あとがき

楠木さんに作品を見せていただいた私は、まずクオリティの高さに驚きました。そして、間近で一緒に感じていた変化を可視化していただけて「リヴァトレとして大事にしていることや、工夫がしっかり伝わっていたんだなぁ」と、とても嬉しく感じました。

私たちは日頃、利用者さんが好きなことや得意なことを一緒に見つけ、それを活かして復帰に向けて取り組むことを大事にしています。楠木さんの仰るように、このマンガが多くの方の参考になって、リヴァトレの輪がさらに広がっていくことを願っています。

リヴァトレの利用を検討されている方の中には「自分はそもそもリヴァトレを利用できるのかな?」「(体調などの問題で)利用できる自信がない…」とためらわれている方もいらっしゃると思いますが、まずはお気軽にお問い合わせください。

(参考:リヴァトレ体験談

(参考:リヴァトレとは

この記事をシェアする
staff_fukui
この記事を書いた人
福井 宏昌 株式会社リヴァ

株式会社リヴァ 復職/再就職コーディネーター
大手電子部品メーカーの営業を5年経験し、職場にあまり幸せそうな人がいないことに疑問を感じ退職。その後ヨーロッパを中心に海外を半年ほど放浪。旅先で出会ったパンクスに影響を受け、社会活動に関心を持つ。リヴァへ入社後は生活訓練・就労移行支援の両方を経験。
現在はリヴァトレ市ヶ谷のセンター長として、「自分らしく生きる」ことを見つけ、踏み出すためのサポートを行っている。

トップ
トップ