リワーク施設って何ですか?

8,265 views

「リワーク」(Re-Work)とは、ある程度まで回復したメンタルヘルス不調者を対象に、復職に向けたウォーミングアップを行うことをいいます。さまざまな復職支援プログラムを通じて再発リスクを軽減。療養生活から本格的な職場復帰へ、無理なくスムーズに移行させるのがねらいです。

 ―――――――――――――――――――――――――――――――――

なぜリワークの必要があるのか?

うつ病は、休息や服薬によって症状が回復したとしても、社会復帰後に再発を招きやすい病気と言われています。 再発後は休職期間が長期化したり、休職と復職を繰り返すことも珍しくありません。療養が長引くと、体力の低下、仕事力の低下、対人力が低下していきます。そのため仕事に復帰するにあたり、リハビリが必要になってきます。

 うつの症状

  

また、元の会社や部署に戻るということは同じストレスがかかることになります。再発しないためにも、回復にとどめずストレス対処力向上が必要になってきます。

つまり、自宅療養と復職(あるいは再就職)の間にステップとなるトレーニングなどを受けることが大切です。

ストレスのギャップ

ギャップを埋めるリワーク

  

どんなところでリワークはおこなわれているのか?

現在、リワーク施設は運営機関の性格によって大きく4種類に分けられます。

リワーク施設4つの運営機関

 

医療の制度で運用
福祉の制度で運用
独立行政法人の障害者職業センターが運用
会社が専門業者に委託して運用

首都圏ではリワークの運営者多くいますが、地方に行くと残念ながらかなり少なくなります。各都道府県に地域障害者職業センターがありますので、そこに問い合わせてみると良いと思います。

 どんなプログラムがあるのか?

運営機関によりますが、例えば②福祉の制度で運用しているリヴァトレの場合は、

・オフィス系

・心理ストレス対処系

・運動系

・キャリア系

 などになってきます。

 プログラムの種類

 

まず、リワーク施設へ継続的に通うことは、職場復帰に必要な生活リズムを整えることにつながります。 実際の業務をイメージしながらプログラムに参加することで、職場復帰に向けたウォーミングアップを図ることができます。

オフィス系では、パソコンを使った資料作成やグループで1つの課題をクリアするグループワークなど様々です。心理・ストレス対処系は、集団認知行動療法や自己分析などがあり、自分の傾向をつかみ対処法を身につけていきます。休職・退職に至った要因や、以前の生活や働き方、考え方を振り返ることで、復帰後のストレス対処法やセルフケアの方法について学ぶこともできます。こうしたメリットは、個人での取り組みではなかなか得ることのできないものです。

なぜなら、他者との関わりから自分自身を客観視することが出来るからです。さらに他者の視点や取り組みを参考にしたり、取り入れたりすることでより自分にあったストレス対処力を身につけることにつながるからです。
具体的なプログラムに関しては、下記を参考にしてみてください。

物事の捉え方をバランスよくする『集団認知行動療法(CBGT)』

コミュニケーションや考え方の特徴を知る-自己分析プログラム-

リワーク施設によって内容は様々

どこいっても同じようなプログラムではなく、本当に様々です。医療系であれば、週3日の通所から午後のみのところ、PCを使った自習中心のところ、認知行動療法など心理系プログラムを実施しているところなど。福祉系では、知的障害や統合失調症などうつ以外の方々も利用している場合なども多くあります。同じようなプログラムでも参加している方の属性によって、自分に合うかどうかが変わってきます。

スタッフも運営主体によって変わってきます。医療系は臨床心理士などの医療従事者が多いですし、福祉系であれば福祉や介護業界出身の方多いように思います。ピアサポーターやキャリアコンサルタントが所属しているところもあります。

自宅から近いから、紹介されたから、施設が綺麗そうだったからと安易に選択するのではなく、いくつか見学して、復帰に向けて自分の課題に向き合えると思うところをしっかりと探すことが大切です。

 課題

利用条件は?

疾病によって使える使えないは基本的にはないです。うつ以外にも双極性障害、不安障害、発達障害、それらを合併している場合など、様々なケースがあります。疾病を限定している場合もありますので、利用してみたいと思っているところへ問合せしてみると良いでしょう。

福祉系や医療系は、診断を受けていないと利用することが出来ません。

また福祉系は休職中か離職中であること、障害者職業センター系は休職中でないと利用が出来ません。それと公務員は使うことが出来ません。

診断書

 

利用手続きは?

運用している制度によって、利用するための手続きが異なります。

福祉の制度であれば、障害手帳、自立支援医療の受給者証、医師の診断書のいずれかが必要になります。お住まいの市区町村によりますが、手続きには約1か月ほどかかります。ただし施設によっては手続き中も利用し続けることが出来るところがあります。

医療系は、通院しているクリニックなどで併設していれば主治医からご紹介があるかもしれません。ない場合は、主治医に相談し紹介してもらうことがよいでしょう。

行政系で有名なのは、障害者職業センターです。都内でしたら上野にあります。週4日以上活動出来る、利用期間は3か月などとなっています。利用料が無料ということで常に混んでおり、23か月待ちとなることもあります。手続きに関しては、直接問い合わせてみてください。

大手企業などは、企業内にある場合もあります。しかしながらほとんど普及していないのが現状です。大手企業に所属している方は、人事や産業医に確認してみましょう。

利用期間は?

こちらも運営主体によって変わってきます。例えば、東京上野にある障がい者職業センターなどは3か月間となっております。平均的には、3か月~6ヶ月程度と思われますが、1年以上使われる方もいます。再就職の方の場合は、就職先まで決める必要があるために長くなりがちです。障害者職業センターーでは、再就職の方はご利用が出来ません。

利用料金は?

福祉系は、8001200/日となりますが、ご本人の前年度の所得によって上限金額が適用されることがあり、月額0円、もしくは月額9300円となるケースがあります。

医療系であれば、20003000/日です。自立支援医療を申請することで、患者負担が3割から1割となり、700800円程度で利用できるようになります。

行政系は、雇用保険で運用されておりますので企業に在籍している方でしたらゼロ円で使えます。公務員や無職の方は利用することが出来ません。

 おかね

 

 

さいごに

うつで休職して一人でいると、孤独感が強くなり体調にも影響しますよね。うつ病特有の不安や悩みについて共感しあえる仲間や困ったときに相談できるスタッフの存在も、大きな支えになることでしょう。復職後もそのつながりは続けば、つらくなった時に相談に乗ることもできます。

また、自分自身を振返り、自分の特徴を知る良い機会でもあります。うつになって時間があるからこそ、得られる気づきがあるはずです。

まず一人では抱え込まず、まずは主治医や治療スタッフ、地域の障害者職業センターなどに相談してみてはいかがでしょうか。

 ▶ リヴァトレについてもっと知りたい方はこちらから

この記事をシェアする
トップ
トップ