「オムソーリ/ハビトゥス」は
「リヴァトレ」に名称を変更しました

「オムソーリ/ハビトゥス」は
「リヴァトレ」に名称を変更しました

リヴァマガ

liva magazine

うつQ&A

2018.02.14

「うつで仕事を辞めるか休むか悩んでいます」

この記事を書いた人

青木 弘達
株式会社リヴァ
取締役

社会保険労務士有資格者/産業カウンセラー
社労士事務所を開業し、企業に対して、就業規則の作成や職場のメンタルヘルスケアに関するセミナーを展開。2011年より株式会社リヴァを起業。休職者向け生活訓練サービス、離職者向け就労移行支援サービスにて約300人の支援に携わる。

メンタルクリニック等を受診してうつ病と診断された時、「会社をしばらく休もうか、我慢して働き続けようか、それとも辞めようか…?」と迷われる方は多いと思います。

結論から言うと、よほど特殊なケースでない限り、すぐに退職することはお勧めできません。

うつ病の症状の一つに「自分自身や置かれている環境に対して、実際よりも否定的に考えてしまう」というものがあり、「症状が重い時には大事な判断をしない」というのが鉄則とされているからです。

一度退職を届け出てしまうと、通常はもう取り消すことができませんから、その他の選択肢を選ぶのが良い訳です。

すぐに退職しないとなると「我慢して働き続けるという選択肢しかない」と考える方も多いのではないでしょうか。

しかし、否定的に考えてしまう症状のせいで、「ここで休んだら出世コースから外れてしまい、自分の人生が終わる」などと考え、必要以上に無理をしてしまうケースもあります。こういった場合は、休職をしてうつ病の治療に専念した方が良いように思います。

ただし、症状がそれほど重くないケースで、勤務時間の短縮や残業制限などの配慮を受けることで、休職せずに回復していける場合もあります。

どちらにしても、うつ病が思考にも影響を与える病気である以上、本人の思い込みで判断するのは誤りであり、主治医の判断を仰ぐのが望ましいでしょう。

休む期間はどうすれば良いのか?

休職をする場合に気になるのが「休む期間はどうすれば良いのか?」という点です。

これについては「会社の規則上の問題」と「本人の問題」を考え合わせて、総合的に判断する必要があります。

まずは会社の規則で「どの程度休める期間があるのか?」を確認しましょう。

多くの会社では傷病によるお休みを「休職」と呼びますが、休職制度は労働基準法等で定められたものではありませんので、会社ごとに異なります。

休職制度を設けていない会社もあれば、一方で3年近く(しかも一部は有給で)休職できるような会社もあります。また、制度の運用が曖昧で“交渉次第”という会社もないわけではありません。

これらを確認するのが心身のコンディション的に難しければ、家族に代理で確認してもらったり、とにかく一度休んで、ある程度回復してから確認したりするのが現実的かも知れません。

症状の出方や「うつ病にかかったのが初めてか、再発なのか」といった事情も、重要な検討材料となります。当然ながら、休職期間の決定において最も尊重されるべきは、主治医の意見です。

うつ病を患うのが初めてで、症状がそれほどひどくなければ、1カ月程度の短いお休みをとるだけで復帰されるケースもあります。

逆に、再発や症状が重いケースでは、どの程度休む必要があるのかをすぐに判断することが難しく、ひとまず主治医の指示に基づいて1~3か月ほど休職し、その後は状態を見ながら随時延長していくというのが一般的かと思います。

こういった場合は「早く戻らないといけない」という焦り自体が症状を悪化させる一因にもなりますので、症状が回復するまでしっかり休む必要があります。

休む期間が長ければ長いほど、相応のリハビリを行う必要もあります。症状の回復を目指すだけでなく、「なぜうつ病になったのか(再発したのか)?」という分析や対処方法の検討を行うのがよいでしょう。

「カウンセリング」や「リワーク」を活用することもお勧めです。

最後に

実際に休職する際は、上記で説明した以外に「経済的に休める期間」などの現実的な問題も加味しながら、段階的に期間を決めていくことになります。

休職することを選択し、その期間が長引いてしまった方は「何とか早く元に戻ろう」と思いがちですが、果たして単に「元に戻る」で良いのか、ぜひ考えてみてください。これまでの働き方や生き方に、無理はありませんでしたか?

うつ病を患ったことは、未来の生き方を考える転機になるかも知れません。休職された人にとって、その期間が未来に向けた“投資の期間”になることを願っています。

この記事の感想を聞かせてください
  • いいね! (55)
  • すごい! (8)
  • 共感! (16)
  • 参考になった (79)

自分らしく
生きるための
インフラをつくる

幸せのカタチは、十人十色、人それぞれ。
他人のモノサシで測った「素晴らしい人生」よりも、
「自分に正直な人生」を生きた方が、きっと幸せだと思う。

だから、一人でも多くの人の「自分らしい生き方」をともに探し、
「何度でもチャレンジできる仕組み」を提供していく。
それが、私たちリヴァの夢であり、仕事です。

うつからの復帰・再就職トレーニング

リヴァトレ

うつや躁うつの方が再び働けるように
なるために開発したトレーニングです。

うつや躁うつで働けていない

うつや躁うつで
働けていない

リヴァトレに通う

リヴァトレに通う

自分らしく働く

自分らしく働く

リヴァマガ

変化は待つよりも、
起こした方が、きっと楽しい。

変化に対応するものが生き残る、というけれど
「対応する」ってなんだか息苦しい。
自ら変化を起こせば、自分らしさがもっと活きて、きっと楽しい。
そんな人がたくさんいる社会は、絶対に面白い。

メディア掲載

おはよう日本
情報7days ニュースキャスター
ワールドビジネスサテライト
日本経済新聞
毎日新聞
産経新聞
日経産業新聞
日経流通新聞
フジサンケイビジネスアイ
週刊ダイヤモンド
週刊東洋経済
週刊エコノミスト
日経メディカル
ヤフージャパンニュース
日経ビジネスオンライン
オールアバウト